ブロッコリーの異常花蕾
種   類 症   状 対   策
ボトニング(早期出蕾) 花蕾肥大に必要な葉数を確保する前に花芽分化し、結果的に小花蕾となります。 温床育苗で最低夜温10℃を保つ。最高25℃以下にします。
リーフィー(さし葉) 生殖生長が途中で停止し、栄養生長に移行した結果、花蕾の間に葉が発生します。 夏まき栽培で早まきしすぎないように。花蕾形成期に肥効が強くならないようにする。
不整形花蕾 花蕾面の蕾の発育が不均一で、花蕾面が凹凸したり、着色が不均一になります。 老化苗定植を避けます。排水対策を十分にし、根の傷みを防ぐ。
ブラウンビーズ 花蕾肥大期にストレスを受け、蕾が枯死し、褐変します。 乾燥に注意。適期収穫に努めます。
キャッツアイ 花蕾粒の不ぞろい。小花蕾の中央の蕾が小さく猫の目状となります。 春まきで育苗温度に留意し、生育をスムーズに進める。
異常花蕾の主たる原因
種 類 生育ステージ 主作型
育苗期 定植後 花芽分化期 花蕾肥大期 収穫期
ボトニング 過度の低温 活着不良 肥料切れ根傷み     早春まき
リーフィー     高温条件     初夏まき
不整形花蕾   活着不良
肥料の効き
肥効上昇すぎ
高温条件
肥効上昇すぎ
高温条件
  全作型
ブラウンビーズ       高温・乾燥
強日照
高温・乾燥
強日照
収穫遅れ
夏秋どり
キャッツアイ ボトニングと関連強い、花肉が薄くなるほど目立つ 春〜秋
蕾の大小
(不均一)
  活着不良
生育障害
後半に肥効
生育障害
肥効上昇
生育障害
  全作型
着色不良   生育遅延 分化遅れ 肥効上昇 肥効継続 初夏〜夏

生理障害ページへ