ファイトリッチとは?

「ファイトリッチ」シリーズの誕生と未来

タキイ種苗は約20年前に野菜の色素に注目し、機能性成分を多く含み、なおかつ食味にすぐれた野菜の研究プロジェクトをスタートさせました。
2010年、「ファイトリッチ」シリーズと名付けられ7品種からスタートし、現在は15種類を数え(2015年5月現在)、年々その品目・品種を充実させています。

「ファイトリッチ」言葉の意味

(1)「ファイト」:植物(=phyto)と闘う(=fight)の2つの意味。

(2)「リッチ」:従来品種よりも機能性成分が豊富(=rich)に含まれる。

(1) + (2)=健康で豊かな食生活を目指すという願いを込めました。

野菜の色素成分

平安時代には、5色の食材を用いる形が確立されたといわれています。
古来より色をもつ食材は彩りだけでなく、体にもよいとされ、日本の伝統的食生活に生かされてきました。
野菜にも多くの色素成分が含まれ、タキイは大きく5つのグループに分けました。

健やかな食生活を送るために、主食、主菜、副菜を基本としたバランスのとれた食事を心掛けましょう。