HOTニュース 180周年記念農場研修会レポート 茨木研究農場編

細霧ミスト頭上噴霧システム

写真をクリックすると拡大画像が表示されます

細霧ミスト頭上噴霧システム。細霧冷房を行うだけでなく、飽差管理も行う。

高温時にハウスの細霧冷房を行う設備ですが、飽差(ほうさ)管理の役割も果たしております。飽差とは空気中にどれだけ水蒸気を含むことができるかを表す数値です。主に植物の蒸散作用に影響を及ぼします。飽差が高い(乾燥)と気孔が閉じてしまい、施用した炭酸ガスがうまく取り込めません。一般的には1立方メートル当たり3〜6gの水蒸気を含むことができる程度が適正といわれておりますが、当ハウスでも厳密に管理を行い、蒸散に適正なハウス環境を維持しております。

  • タキイ最前線webプラスTOPへ
  • 茨木研究農場編 記事TOPへ戻る