HOTニュース 静岡を代表する景勝地に! 牧之原市「坂口谷川彼岸花とかかし祭り」の堤防・河川敷の緑化に「ティフ・ブレア」が活躍

写真をクリックすると拡大画像が表示されます

 2016年9月17日〜19日に静岡県牧之原市にて、「第4回 坂口谷川彼岸花とかかし祭り」が開催されました。鮮やかなグリーンの芝の河川敷と、赤や黄色の色とりどりのヒガンバナが咲き乱れるさまが美しく、例年多数の参観者が訪れるイベントです。本年は台風の影響もありましたが3日間で約2,000人の参観者が訪れました。これは平成25年より、地元町内会の地域おこしグループ「花と芝生を守る会」主催で行われているもので、この河川敷の芝にタキイのセンチピードグラス「ティフ・ブレア」が使用されています。
 この度は、「花と芝生を守る会」会長の粂田雅史さんに坂口谷川の景観緑化の取り組みについてお聞きしました。

静岡県牧之原市で開催された「第4回 坂口谷川彼岸花とかかし祭」。2016年は台風の影響で例年より短期間の開催となったものの多数の参観者が訪れた。

静岡県牧之原市で開催された「第4回 坂口谷川彼岸花とかかし祭」。2016年は台風の影響で例年より短期間の開催となったものの多数の参観者が訪れた。

故郷のきれいな川辺を取り戻したい

 粂田さんが坂口谷川の景観緑化の取り組みを始めたのは、平成7年のこと。当時の坂口谷川河川敷はアシや竹が生い茂り、産業廃棄物などのごみが捨てられ荒れ果てていました。粂田さんが子どものころは、農業用水として欠かせないだけでなく、地域の人々に川でとれる魚介類などの自然の恵みを与えてくれた川、そんな故郷のきれいな川辺を取り戻したいとの一念からでした。

平成7年より22年、坂口谷川の景観緑化に取り組まれている粂田雅史会長。

平成7年より22年、坂口谷川の景観緑化に取り組まれている粂田雅史会長。

堤防・河川敷の雑草抑制に抜群の効果を発揮する「ティフ・ブレア」

 当初は一人で活動を始められた粂田さん、冬の間は河川敷のアシや竹の根を掘り起こし、春から秋にかけては地道に堤防の草刈りを行いました。ところが、堤防、河川敷の土壌は肥沃(ひよく)ですぐにアシなどの雑草が茂ってしまいます。手間をかけずに雑草を抑えられるものはないかと思案していたところ、地元種苗店に紹介されたのが「ティフ・ブレア」でした。平成15年より約2,000u(佐々木橋〜竹橋の間400m)に少しずつ播種を始め、平成21年ごろには美しい芝生が出来上がりました。現在の管理は、土が肥沃なため播種後は無肥料で養生し、適宜に芝刈りをする程度とのことです。「特にほかの管理は必要なく、定期的に芝を刈るだけできれいな状態を保てるので、助かっています」と粂田さんは「ティフ・ブレア」の効果について語られています。
 芝生とともに赤黄白のヒガンバナも植えました。河川敷が整備されゴミがなくなり花が咲いて景観が美しくなるにつれ、徐々に人が集まるようになりました。

「ティフ・ブレア」を播種する粂田さん。

「ティフ・ブレア」を播種する粂田さん。

毎日少しずつ堤防を整地し芝のタネをまき、すばらしい芝生となった坂口谷川風景。

毎日少しずつ堤防を整地し芝のタネをまき、すばらしい芝生となった坂口谷川風景。

ランナー層が厚く、ペンが5cm以上埋まった<br>(平成23年8月)。

ランナー層が厚く、ペンが5cm以上埋まった(平成23年8月)。

「ティフブレア」生長の様子 (施工 平成15年7月)
施工5カ月後、条まきにより条間の裸地が目立つ<br>(平成15年12月)。

施工5カ月後、条まきにより条間の裸地が目立つ(平成15年12月)。

左画像の約12年後。雑草抑制を維持<br>(平成27年10月)。

左画像の約12年後。雑草抑制を維持(平成27年10月)。

施工4年後。表面を削るように草刈機が走る<br>(平成19年9月)。

施工4年後。表面を削るように草刈機が走る(平成19年9月)。

左画像の約8年後。1カ月前に3000人/5日入る<br>(平成27年10月)。

左画像の約8年後。1カ月前に5日間3000人が入る(平成27年10月)。

坂口谷川を人が集まる景勝地に!

 平成25年には地域の活性化を図るため「第1回 坂口谷川彼岸花とかかし祭り」を開催。以来、毎年期間中に約3,000人の参観者が訪れる地域のイベントとして定着しました。平成26年度には静岡新聞社社長賞、27年度は静岡河川協会会長賞、28年度は静岡県景観優秀賞、国土交通大臣賞並びに静岡県知事賞を受賞し、静岡県の新たな見どころとして知名度を上げています。
 また、粂田さんの活動に賛同した10〜13名のボランティアが加わり、今年は今までの2倍の堤防両面の約2kmに芝の面積を広げることができました。
「今後は年々会員を増やして牧之原市の人たちに、こんなにすばらしい所があると地元を誇らしく思ってもらえるような活動を続けていきたいですね」と粂田さん。たった一人でスタートした活動から22年、ますます美しい川辺が広がっていきます。

今年より新しくヒガンバナと「ティフ・ブレア」を植えるよう堤防の草刈作業中。
今年より新しくヒガンバナと「ティフ・ブレア」を植えるよう堤防の草刈作業中。

今年より新しくヒガンバナと「ティフ・ブレア」を植えるよう堤防の草刈り作業中。

タキイ最前線webプラスTOPへ