[台風・ゲリラ豪雨対策]備えあれば憂いなし!イザという時に役立つ&準備しておきたい資材特集

今年の夏も短時間に狭い範囲で非常に激しく降る雨(ゲリラ豪雨)や大型台風が各地で発生しました。ゲリラ豪雨は年々増加傾向にあり、発生時の対応・予防対策は必須です。
大きな被害を受ける前、そして被害後の速やかな処置が重要です。これからご紹介する資材を有効利用し、作物の回復に役立ててください。

圃場の潅水時に行う応急対策

日頃から土壌の排水性アップ、高畝栽培、潅水設備の確認など予防対策が重要です。災害時にはメーカーに注文が殺到し、商品をすぐに供給できない状況が考えられます。これらの商品をあらかじめストックし、適切な対応ができるよう心掛けましょう。

おススメ資材

M.O.X®液剤

即効性で散布直後から酸素を供給してくれる。

M.O.X®液剤

潅水した作物の根の呼吸を助け、活性化を促す。

ネハリエース

水と反応して酸素を発生させる。酸素供給期間は1カ月と短いが即効性が期待できる。

ネハリエース

水が滞留している場合、表面散布し根の呼吸を助け早期回復につとめる。

タキイオリジナル オキソパワー5

災害に備え、元肥として土にすき込んでおく。イザという時に効果を発揮をしてくれる。

タキイオリジナル オキソパワー5

土壌に酸素を供給し、微生物の働きを活発にする「オキソパワー5」

タキイオリジナル オキソパワー5

有効成分の過酸化カルシウム(粒状)が土壌中の水分と反応し酸素を発生させる

ヨーゲンアクセル

チッソ、リン酸、カリをバランスよく配合。大雨で畝が過湿になり、根からの養分吸収が望めない状況の時は、葉からしっかりと養分を吸収させ、草勢の回復を図る。同時に細菌性病害対策の薬剤散布を行うと、その後の生育が安定する。

ヨーゲンアクセル

愛されて半世紀のロングセラー商品

天気が回復した後は強日照により作物の萎凋など、高温障害が懸念されます。
マルチや土壌改良剤、保水・酸素供給剤を使用し土壌の乾燥対策を心掛けてください。

*商品のお問い合わせは種苗店、または資材部までお願いします。

秋まきシーズン到来も猛暑でタネまきできない!というあなたへ高温期の発芽対策

こちらもおすすめですこちらもおすすめです

  • イラストで見る家庭菜園品目別野菜作り
  • 家庭菜園野菜栽培マニュアル

過去のトピックス過去のトピックス