2017年秋種特集号WEB版 品種ピックアップ

機能性が豊富で長期貯蔵できる!人気のタマネギ「ケルたま」

タキイ研究農場 馬場 彰 (ばば あきら)

濃い赤褐色で見た目も美しい、機能性豊富な「ケルたま」。濃い赤褐色で見た目も美しい、機能性豊富な「ケルたま」。

タマネギは多くの機能性成分を含み、すぐれた健康増進効果があることが知られています。中でもケルセチンには、生活習慣病の予防効果があり、その量は野菜の中でも群を抜いています。「ケルたま」は、タキイの機能性野菜ファイトリッチシリーズの一つで、ケルセチンを多く含む健康タマネギです。さらに、貯蔵性が極めて高いため、長期にわたって食卓で楽しめる品種です。

これだけは押さえたい!3つの栽培ポイント

「ケルたま」の特性をいかすためには、次の3つのポイントに気を付けて、基本に忠実な栽培を行うことが大切です。

@中生播種・定植でスムーズな活着

「ターボ」などの中生種と同様の9月中下旬に播種、11月中下旬に定植を行い(中間地標準)、スムーズに活着させます。遅植えになると活着が悪くなり、生育不良や肥大不足になる場合があるので気をつけて下さい。

A追肥は3回!的確な施肥を

栽培に必要な施肥量は、10m2当たりチッソ成分で約200〜250gです。元肥は全チッソ量の約半分を投入し、残りを追肥として施用します。追肥は1月から3回に分けて行い、止め肥は3月中旬頃とします。多肥や止め肥の遅れは熟期が遅れるだけでなく、玉じまりが悪くなり、食味や貯蔵性も悪くなるので注意が必要です。

中間地では1月上旬、2月上中旬、3月中旬を目安に追肥する。

B収穫適期を守る

高い貯蔵性をいかすため、おおよそ倒伏そろいの約一週間後、球が充実してから収穫します。早どりは肩落ちや貯蔵性の低下を招き、遅どりは品質の低下の原因となるので注意してください。

収穫の目安は葉が倒れて約一週間後、晴天の日を見計らって行う。

長期貯蔵のための、ワンポイントアドバイス

湿気の多い状態で収穫すると、貯蔵中の腐敗が増加しやすくなるため、収穫時に地干しや風乾等を十分おこない、速やかに乾燥させることが重要です。収穫後は雨や直射日光のあたらない、風通しのよい場所で貯蔵しましょう。

収穫後、速やかに乾燥させ貯蔵中の腐敗を防ぐ。

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

  • 根深ネギ栽培における土寄せのポイント

    根深ネギ栽培における土寄せのポイント

  • トマト葉かび病対策 岐阜県の事例から〜薬剤耐病性菌対策による防除と資材の活用〜

    トマト葉かび病対策 岐阜県の事例から〜薬剤耐病性菌対策による防除と資材の活用〜

  • 産地ルポ タマネギ「スパート」群馬県JA前橋市

    産地ルポ タマネギ「スパート」群馬県JA前橋市

こちらもおすすめですこちらもおすすめです

  • イラストで見る家庭菜園品目別野菜作り
  • 家庭菜園栽培マニュアル

過去のトピックス過去のトピックス