誕生から55年! ナスの代名詞となったタキイ交配「千両」「千両二号」誕生から55年! ナスの代名詞となったタキイ交配「千両」「千両二号」

古くから栽培されているナスは、地方種が多く、多彩な果形や肉質があり、各地方に定着しています。しかし、品質や収量性、栽培性、耐病性は高くなく、一般市場に向くものはそう多くありませんでした。1960年代の高度経済成長期に入ると、ほかの野菜と同様、ナスにおいても「よい品物を大量に」という需要が高まりました。そのような中、1961年(昭和36年)に「千両」が1964年(昭和39年)には「千両二号」が開発され、またたくまに長卵形をした千両タイプのナスが、=(イコール)日本のナスの代名詞となりました。

「千両」1964年、「千両二号」は1969年に農林大臣賞、さらに「千両二号」は1980年に農林水産大臣賞も受賞するなど計3回の栄誉に輝いており、現在も全国の産地で栽培され、家庭菜園でも愛されています。

一昨年2016年で「千両」は発売より55周年の佳節を迎えました。脅威のロングセラー品種「千両」「千両二号」の誕生秘話をプレイバックします。

日本で古くから栽培されるナスは多くの地方種をもち、多彩な果形や肉質をもつ。

長卵形タイプ=(イコール)日本のナスにした、日本のナスの代名詞「千両」シリーズ。その抜群の果形と果色の美しさ、おいしさで産地・家庭菜園とも押しも押されもせぬロングセラーに。

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

  • 産地レポート 九州で評価を上げるハクサイ「ほまれの極み」

    産地レポート 九州で評価を上げるハクサイ「ほまれの極み」

  • 産地ルポひまわり「サンリッチ」新潟県JA越後中央

    産地ルポひまわり「サンリッチ」新潟県JA越後中央

  • 私の提言第5回 フリーアナウンサー高田薫さんこれから求められる魅力ある園芸の現場

    私の提言第5回 フリーアナウンサー高田薫さんこれから求められる魅力ある園芸の現場 

こちらもおすすめですこちらもおすすめです

  • イラストで見る家庭菜園品目別野菜作り
  • 家庭菜園栽培マニュアル

過去のトピックス過去のトピックス