選択培地を用いた青枯病診断

青枯病は現地圃場などでは、外観(急性萎凋 いちょう症状)、株を切断し水に浸漬後の白濁液(菌泥)などから簡易的に判断しますが(写真2)、判断が難しい場合もあります。別の土壌病害であった場合、その後の対策が異なってきます。

現地では、普及指導員やJA営農指導員による選択培地(作成:岐阜県農業技術センター環境部)での診断も行っています(写真3)

実際、現地では青枯病でないと判断した症状が青枯病であったり、またその逆もあったりします。また、同一圃場においても、診断時期で病害が変遷することや、複数の土壌病害が同時に診断されるケースも多くあります。

写真2

白濁液の有無を確認(H20 西濃農林事務所)。

白濁液の有無を確認(H20 西濃農林事務所)。

写真3

写真1 青枯病激発圃場(H21西濃農林事務所)

選択培地(県農業技術センター)。右上:NA(一般細菌)培地、左上:かいよう病菌選択培地、下:青枯病菌選択培地。

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事この記事を読んだ人がよく読んでいる記事

  • 品種ピックアップ

    品種ピックアップ - キャベツ「夢ごろも」と「夢舞妓」をリレー栽培

  • 秋種クローズアップ

    秋種クローズアップ 新発売&おすすめ品種

  • 特別座談会 病害・病害虫防除の現場

    特別座談会 病害・病害虫防除の現場

こちらもおすすめですこちらもおすすめです

  • イラストで見る家庭菜園品目別野菜作り
  • 家庭菜園栽培マニュアル

過去のトピックス過去のトピックス