山田式家庭菜園教室トップへ
春巻き一覧
→ よい土がよい野菜を育てる
-
→ 果菜類の失敗しない苗作り
-
→ 接ぎ木苗を作ってみませんか?
-
→ 施肥の基本的な考え方
-
→ 野菜のメカニズム
〜花芽分化〜
-
→ トマトをおいしく食べましょう
-
トマト トマト
-
中玉トマト・ミニトマト 中玉トマト・
ミニトマト
-
キュウリ キュウリ
-
ピーマン ピーマン
-
ナス ナス
-
カボチャ カボチャ
-
スイカ スイカ
-
ニガウリ ニガウリ
-
トウガン トウガン
-
オクラ オクラ
-
スイートコーン スイートコーン
-
インゲン インゲン
-
エダマメ エダマメ
-
夏秋まき一覧
→ タネの発芽不良の原因と対策
-
→ 秋野菜はまき時を外すとすんなり育ってくれない
-
→ 夏・秋野菜の苗作りと直まき
-
→ 葉根菜の生育診断とチッソ
-
ハクサイ ハクサイ
-
キャベツ キャベツ
-
ブロッコリー ブロッコリー
-
ホウレンソウ ホウレンソウ
-
コマツナ コマツナ
-
ミズナ ミズナ
-
シュンギク シュンギク
-
レタス レタス
-
ニンジン ニンジン
-
ダイコン ダイコン
-
カブ カブ
-
タマネギ タマネギ
-
エンドウ エンドウ
-
ソラマメ ソラマメ
-

夏・秋野菜の苗作りと直まき

キャベツやハクサイを苗作りをするメリットは?

 直(じか)まきをすると、長期にわたって本畑を占有することになります。ましてや発芽後の生育初期は生長が大変ゆっくりしているので、この時期を別の場所(苗床)で育てれば、集約的に苗作りができるうえ、その期間、本畑ではほかの野菜を育てることができます。

 また、小面積で集約的に苗作りをすることによって、病虫害の発生を防ぎ、生育のそろった苗作りが可能になります。

 さらに、直まきをした場合、雑草の方が野菜の発芽、生長より早いものが多いので、除草作業も大きな労力負担となりますが、それを軽減する方策であることも、メリットの一つでしょう。

 その他、生育適期に本畑に直まきをして栽培をスタートしていたのでは、十分な収穫が得られません。生育適期に苗を本畑に植えることができるよう、苗作りが必要な場合もあります。

 第1図に夏秋まき野菜の生育温度を表しました。夏秋まき野菜の多くは15〜20℃の範囲でよく育つことが分かりますが、キャベツやハクサイはこのような気候になるまで待っていては、年内の収穫は望めないので、これより高温期にタネまきをしなければなりません。

 ところが、高温期に直まきをしていては、生育ムラがかなり出ます。そこで、苗床に日中だけ日よけをして厳しい気温を和らげてやると、生育のそろった苗を得ることができます。

 第2図には日よけによる地温の抑制効果を示しました。ちょっとした温度差ですが、意外な効果を表すことは、実際に夏場の苗作りを経験してみると実感できます。

イメージ写真
暑さの厳しい日中は、寒冷紗で日よけをして苗作り。
【第1図】夏秋まき野菜の生育温度
【第2図】地表の覆いと地温の変化(8月中下旬)
↑ページトップへ

移植の必要性は?

 従来のように畑の一隅に苗床を設けて苗作りをしていたころには、3〜4回の移植が行われた例も見られました。それは、移植によって切れた根は、再生のたびに根数がふえるので、しっかりとした根鉢を形成するようになるからです。植え付け時の根鉢の崩れを防ぎ、苗の植え傷みを防ぐのが目的だったといえます。

 ポット育苗が行われるようになっても、まき床から3号(9cm)ポットへの鉢上げ、3号ポットから5号(15cm)ポットへの鉢替えの作業が依然として残っているのも、いきなり5号ポットに移植したのでは、根が底部までポットの中でまんべんなく広がらず、ポットの内壁に沿っていち早く根が回ってしまうからです。その場合、一見根鉢が形成されているように見えますが、実際はしっかりした根鉢を形成しているわけではないので、植え付け時の扱い方によっては、根鉢が崩れて植え傷みを起こしかねない苗といえます。したがって、3号ポットから5号ポットへ鉢替えをすることで、ポット内に根がしっかりと分布し、植え付け時の根鉢の崩れ、植え傷みが防げるわけです。

【第3図】苗の移植回数と生育球重(例:キャベツ)

 ところが、直まきと、苗作りをして植え付けた場合とを比べると、移植回数がふえるほど、生育、収量が劣ることが、第3図の結果から分かってきました。無移植、つまり苗床にタネをまき、移植即植え付けの場合であれば、キャベツの生育、収量は、2回移植や3回移植を上回る結果が見られました。3回移植では、球重が無移植苗の3分の1にも満たないほどの小型になってしまいます。

 このような結果を応用したのが、ペーパーポット苗やセル成型苗の利用です。トレイの1穴に1粒ずつタネをまき、苗を作ります。本葉が2枚くらい発生した若苗を本畑に植え付けるのですが、そのころにはちょうどセル内に根が回り、苗をトレイから抜き出しても、根鉢がしっかりしています。

 セル成型苗でも、植え付けが遅れた場合、根がスポンジ状に詰まってしまい、植え付け後の根の回復が損なわれ、その後の生育に支障をきたしますので、若苗の植え付けを鉄則にしなければなりません。

イメージ写真
キャベツの無移植の場合、まき床はこれくらい丁寧にまく。
イメージ写真 本葉2〜3枚で本畑へ植え付ける。まき床で間隔をとってまいてあるので、根鉢は大きくつけることができる。
 
イメージ写真
レタスのペーパーポットを利用したタネまき。発芽をそろえることが大切。
 
イメージ写真
レタスの植え付け。本葉2〜3枚で植え付けする。
↑ページトップへ

「一人生え」と「友育ち」

 コマツナやシュンギクなど直まきを主とする野菜では、よほど薄まきにしたつもりでも、厚まきになりがちです。ことにバラまきの場合は、気をつけなければ厚まきになってしまいます。

 厚まきは決して悪いことばかりではありません。「友育ち」といって、ある程度株同士が接触することによって、その刺激が生育を早めるのですが、接触の度合いが大きくなりすぎると、刺激は互いの生長を抑制し、勝ち負けが出るようになるので、間引き作業が必要になります。

 反対に、広すぎる間隔でタネまきをしたときは、「一人生え」的な状態になり、刺激が少ないので初期生育は緩慢ですが、与えられた土壌養分が十二分にあるので、ある時期を過ぎると生育はぐんぐん進み、立派な株に育ちますが、1株ごとの比較ではよくても、単位面積当たりの収穫量が少なければ何にもなりません。
 ニンジンなど初期生育の緩慢な野菜は、1回目の間引きを遅くした方がよいとされるのは、「友育ち」の状態で互いに競争をさせ、初期生育をよくするのがねらいと考えてよいでしょう。

 まき方も、バラまきより条(すじ)まきの方がまきやすいうえ、中耕、除草、施肥作業がしやすく、収穫物の調製もしやすいという利点があります。

イメージ写真   イメージ写真
バラまきより条まきの方が栽培管理がしやすく、生育がよくそろう。   ニンジンの2回目の間引きは肥大をよくするため、株間を十分にとることがコツ。
↑ページトップへ
 


「一人生え」と「友育ち」 移植の必要性は? キャベツやハクサイを苗作りをするメリットは?