調べる

野菜

山田式家庭菜園教室

戻る

タマネギ

苗作り

 苗床は日当たりと水はけのよい場所を選びます。pHの調整後に元肥を施し、土をしっかり砕いて表面をよくならし、タネをまきます。その後十分水やりをしたあと、乾燥防止に切りわらかピートモスなどをかけます。
1週間ほどで発芽してきますが、発芽当初は生育が遅いので、苗床が乾いたら水やりをしておきます。但し苗床が湿りすぎると苗立枯(なえたちがれ)病が発生するので注意しましょう。
子葉が伸びきったころと、本葉2枚ごろに、込んだ所を間引いて3cm2に1本くらいの間隔に株間を揃えます。

苗床づくり・タネまき
間引きと苗床追肥

地ごしらえ、植え付け

 堆肥(たいひ)と苦土石灰を施して粗(あら)起こしをした後、元肥を全層に施し、畝立てをします。
茎径6mm以上の大苗と極端に小さな苗を取り除き、大きさを揃えてから、葉や根を切りつめずに植え付け、十分に水やりして株元を落ち着かせます。

地ごしらえ・植え付け
  • イメージ写真

    畝立て後、黒色ポリフィルムでマルチングをしてから植えると、雑草の防除と根の再生、伸長に有効。マルチングをした時の施肥は、全量元肥(元肥+追肥)とし、畝立て時に全層に施しておく。その場合の施肥量は70〜80%を目安に。

苗と植え方の良否

追肥、中耕、土寄せ

 1回目の追肥は植え付けの半月後、2回目は1月中、3回目は2月中〜3月上旬を目安に行います。肥料は条間へ施し、畝の表面を軽く耕して雑草防除をしておきます。1回目の追肥の後、条間へ敷きわらをし、3回目の追肥の後は株元へ土寄せをして、玉の露出による緑化を防ぎます。
畝が乾いたら、冬の間でも水やりをして根の伸長を促してやります。

追肥・中耕・土寄せ
  • イメージ写真

    1回目の追肥の後は条間へ敷きわらをして、厳寒期に土が凍結するのを防ぐ(マルチングをしない場合)。

収穫

 地上部が倒れ始めたら調理に必要なだけ抜きとっていき、全体が倒れたら晴天続きの時を選んで収穫します。葉を束ね、風通しのよい日陰に吊るして貯蔵します。
  • イメージ写真

    地上部が自然に倒伏すると、玉が完成する。晴天時に収穫して葉を束ね、日陰に吊るして貯蔵する。

ホームタマネギ作り

栽培のポイント

1.適期のタネまきを厳守

早まきすると大苗になり、分球や不時抽苔の原因となります。反対にまき遅れると、小苗になって活着が遅れ、大きな玉は望めません。

2.1枚の葉でも大切に

苗とりで葉を傷めたり、植え付けの時に根や葉を切りつめて植えたり、中耕や除草で葉を折ったりするのは好ましくありません。

3.不時抽苔に注意

秋まき栽培では、どうしても生育期間中に低温を経過しなければなりません。大苗を植えると春先にトウ立ちして、玉が大きくならず失敗することがありますが、逆にあまり小さな苗を植えても、大きな玉にならないので減収につながります。

4.多肥と最終追肥の遅れは禁物

肥料の遅効きは玉の肥大成熟を遅らせ、貯蔵性を悪くします。

5.おすすめの品種はこちらから

品種情報はこちら
病害虫・生理障害情報へ

病気に困った時にお役立ち

野菜を使った料理レシピ

新鮮トマトを使ったレシピ いろいろ

保存のポイント

一工夫で野菜が長もち