調べる

野菜

山田式家庭菜園教室

戻る

接ぎ木苗を作ってみませんか?

接ぎ木苗の有効性

 現在、果菜類ではキュウリ、スイカ、メロンなどのウリ類と、ナス、トマト、ピーマン(一部)で接ぎ木苗を利用した栽培が行われています。主要病害虫については接ぎ木によって被害を回避していますが、すべての病害虫に抵抗性を示す台木(だいき)の種類・品種はないので、接ぎ木苗の利用で、完全に土壌伝染性病害虫を回避することはできません。しかし、一つでも二つでも病害回避が可能であれば、農薬に頼ることが軽減されることになります。

 接ぎ木成否のカギは、接ぎ木作業そのものもさることながら、接ぎ木後の養生が最重要です。アマチュアでは設備面でもこの養生がネックになるので、ハードルは高くなります。家庭菜園では店頭での接ぎ木苗購入が無難ですが、それでも接ぎ木をしてみたいという方のために基本を紹介します。

接ぎ木で問題になること

親和性

 親和(しんわ)性には、二つの段階が考えられます。野菜の接ぎ木には同じ種類の野菜の間で行われる場合と、異なる種類の野菜(例えばカボチャにキュウリを接ぐ)の間で行われる場合とがあります。

 台木と穂木(ほぎ)の切り口をくっつけてから切り口の癒合(ゆごう)が始まるのは、3日後くらいです。この段階で接着できない場合、つまり拒絶反応を起こす場合は、接ぎ木は成功しません。切り口が癒合し、その部分の細胞が肥大し始め、完全に癒着(ゆちゃく)するのが、1週間後くらいです。

 第二段階は、接ぎ部が構造的に正常な状態に復元されるようになることです。生長が再開されても、接ぎ木をしない場合に比べて生育が正常に進まず、収量に大きな影響が現れる場合があります。

 また、第二段階をクリアしたとしても、カボチャ台にスイカを接いだ場合は注意点が生じます。雑種カボチャ(西洋カボチャ×日本カボチャ)台木を強勢台木、日本カボチャ台木を弱勢台木として区別することがあります。これは両者とも収量面では問題ないのですが、雑種カボチャ台木ではどうしても生育が旺盛になりすぎるので、施肥(せひ)管理を日本カボチャ台木と同様にすると問題が生じるからです。

ToMV抵抗性と接ぎ木

 トマトモザイクウイルス(ToMV)については、トマトの品種改良が進み、抵抗性を持つ品種が多数作出されていますので、ToMVに対しては、接ぎ木をしなくても問題ありません。しかし、接ぎ木をすることによって、台木品種と穂木の品種双方がToMV抵抗性を持っている場合、第2表にあげたように、台木品種と穂木品種が持っているToMV抵抗性の遺伝子型をそろえないと、接ぎ木不親和を起こし、急速に萎(い)ちょうしてしまいます。あらかじめToMV抵抗性遺伝子型をカタログなどで知っておく必要があります。

【第1表】トマトのToMV抵抗性型による接ぎ木の適否

接ぎ木で問題になること

 いろいろな接ぎ木の方法が考案され、実際に行われていますが、初めて接ぎ木をする時は「呼び接ぎ」が作業しやすく、失敗がほとんどありません。どの果菜類にも応用できますが、一般的にナスでは「挿し接ぎ法」、トマトでは「割り接ぎ法」「呼び接ぎ法」、キュウリやスイカでは「割り接ぎ法」「呼び接ぎ法」が行われています。下記が主なポイントになります。図解によって手早く作業をしましょう。

作業ポイント
  1. (1)作業は日陰で、風が当たらない所で行う。
  2. (2)よく切れる新品の安全カミソリを使う。
  3. (3)作業は穂木の方から始める。
  4. (4)特に「割り接ぎ」「挿し接ぎ」の場合は穂木の調製が終わったら、切り口を口にふくんで乾かさないようにする。このときツバで濡らさないように。
  5. (5)接ぎ木が終わった苗は、すぐに鉢上げをせず、苗を横に寝かせ、湿ったタオルで覆う。しばらくすると切り口の樹液が固まるので、それから鉢上げした方がよい。
  6. (6)接ぎ木部を水で濡らさないように潅水する。
  7. (7)活着するまで、日陰でトンネルをかけ、白寒冷紗(かんれいしゃ)などで遮光し、活着したら時々日光に当てて慣らす。もし途中でしおれるようなら、霧吹きで軽く葉を湿らせておくとよい。
接ぎ木苗の作り方
スイカ
ナス
トマト