調べる

野菜

山田式家庭菜園教室

戻る

施肥の基本的な考え方

肥料の利用率

 個々の野菜の施肥量は、その野菜が最高の収量を上げた時の、吸収成分量から割り出すことで決まります。さらには、施した肥料のうちどれだけが野菜に利用され、どれだけが利用されずに土の中に残ったか、また、どれだけが雨水などによって流亡したかなども考えなければなりません。つまり、施した肥料のうちの何%を、養分として野菜が吸収したのかを知る必要があるのです。これが一般に肥料の利用率と呼ばれるものです。

 野菜に施す肥料をだんだん多くしていくと、あるところまでは収量も増加しますが、ある段階にくるとそれ以上は増えなくなります。したがって多くの肥料をやればいいというものではありません。

 各肥料成分の利用率は、土壌の種類によっても異なりますが、堆肥(たいひ)などの有機物と一緒に施して直接土に触れるのを少なくしたり、根に吸収されやすい位置に施すといった工夫をすることで高めるようにしたいものです。利用率の一般的な目安は、チッソ=40〜60%、リン酸=10〜20%、カリ=60〜80%と考えて施肥量を勘案してください。また、第1表に果菜類で目標収量を得るための必要成分量を挙げておきましたので、参考にしてください。

【第1図】標準収量を得るための必要成分量(山崎より抜粋)

肥料の種類と効果的な効かせ方

肥料として必要な要素

野菜が育つには養分が必要ですが、その養分の大半は土の中に含まれています。しかし、チッソ(N)、リン酸
(P)、カリ(K)などは野菜が多量に必要とする養分のため、自然の土の中にある量では不足するので、肥料として施す必要があります。また、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)も前記の3要素と同程度に吸収するので、必須要素として、少なくとも5要素を肥料として施します。5要素の大まかな働きを挙げると次のようになります。

チッソ
「葉肥(はごえ)」とも呼ばれるように、茎葉の生育を促し、柔らかい多汁質の葉ができます。

リン酸
「根肥(ねごえ)」「実肥(みごえ)」といわれ、根の発育を促し、果菜類では花つき、実つきをよくします。

カリ
日照不足気味のときに、カリを多く施すと、光合成をする機能を回復させる働きがあります。サツマイモやジャガイモの太りをよくしたり、マメ類の実つきをよくするので「実肥」とも呼ばれます。

カルシウム
土のpH調整用に施されるほか、石灰植物とも呼ばれるキャベツ、ホウレンソウ、セルリーなどは養分として多量に吸収します。

マグネシウム
植物の細胞内に含まれる葉緑粒の形成に必要な要素で、不足すると葉が黄変し生産能力が低下します。

肥料の種類と性質

肥料は、有機質肥料と化学肥料に大別されます(第2表)。

有機質肥料
動物や植物の一部が素材となり、ほとんどがN・P・Kの3要素を含みますが、含有量は化学肥料ほど多くはありません。効果が長いので、トマトやナスのような収穫期間の長い野菜に有効です。元肥にするときは、タネまきや植え付けの一週間くらい前には施すようにします。

化学肥料
1種類の成分しか含まない単肥(たんぴ)と、2〜3要素を含む複合肥料があります。各成分の含有量は一定ではありませんが、3要素が同量含まれるものが、使用上は便利です。

液肥(えきひ)
300〜500倍に薄めて水やり代わりに施したり、原液を元肥として施すこともできます。化学肥料を水にとかした場合も、一種の液肥といえますが、「水肥(みずごえ・すいひ)」と呼んでいます。

葉面散布剤
肥(こえ)切れを応急的に補うのに利用します。葉菜類では2%、イモ類では1%、苗のときには0.5%程度に薄め、噴霧器で葉にまんべんなくかけてやります。

【第2表】主な肥料の特性

果菜類では、過繁茂(つるぼけ)になると肝心の果実の収量に悪影響を与えるので、絶対に避けなければなりません。肥料の効かせ方について、あらましを第1図に掲げてみました。つるぼけを防ぐには、元肥に重点を置いてもよい結果は得られません。コンスタントに肥料を効かせるか、もしくはラストスパート型的な肥効を現すような施肥法をとりたいものです。

【第1図】野菜の肥料の効かせ方のタイプ

肥効を上げるには水やりも忘れずに

 肥料は、野菜が吸収する水の中に溶けて、野菜の中に取り込まれます。土が乾いている時などに施肥を行う場合は、肥料に覆土(ふくど)しておくとともに、施肥後に水をやっておくことも大切です。

 第2図に、潅水量と果実の収量について挙げてみました。施した肥料が効率よく野菜に吸収されるためには、特に梅雨明け後の水やりが重要です。

【第2図】潅水点と果実の収量(鉢栽培)(杉山 1968より作図)