調べる

野菜

山田式家庭菜園教室

戻る

野菜のメカニズム〜花芽分化〜

花とは何でしょう?

 大変おかしな質問ですが、花芽とは具体的に花の形をしているものではありません。今まで生長点で葉を形作っていたものが、花を形作るように性質が変化した段階から、花芽が分化したといわれます。それまで葉を形成していたところで、形の変わった葉の形成を始めるわけです。形の変わった葉とは、萼、花弁、雄しべ、雌しべと呼ばれるもので、これらを総称して「花葉」と呼んでいます。萼、花弁、雄しべ、雌しべは葉が形を変えた(変態した)ものなので、花が茎の先(生長点)や葉腋(わき芽)につくのは、そのためなのです。

 ところが、1カ所に一つだけ花がつくのかといえば、そうではありません。花芽が生育する段階で複数の花を作る場合もあります。それを「花房」と呼びます。トマトなどはその典型的なもので、花梗(茎)が次々と枝分かれをし、その先に花をつけるのです。

 トマトを育てた人なら、必ず経験しておられると思いますが、大変よく育ったとき、花房の先端から茎が伸びて葉をつけることがあります。これは花梗の先端の芽が先祖返りをして葉芽になったために発生する現象です。栽培上はチッソ過多が原因ということになっていますが、この現象を見ても、花は葉になるべきものが、体内のホルモンの影響で変化したことを示唆しています。

【第1図】花芽の分化・生育の過程模式図

花が咲くと困る野菜

 私たちが育てる野菜の中には、花が咲くと利用価値がなくなるものがあります。秋冬野菜ではタマネギなど、タネまきが早すぎて大苗になったものを植え付けると、本来、玉が肥大して休眠に入るべきものが、春先の玉が太る前に抽苔してしまうことがあります。また、秋まきしたホウレンソウが、畑のそばの外灯の影響で生育初期にトウ立ちしたり、早春まきのダイコンの品種選択を間違っていたために、抽苔して食べられなくなったり、といった現象に出くわすことがあります。

 これらは一般に「不時出蕾」「不時開花」と呼ばれますが、ではなぜ、このような現象が起こるのでしょうか?

  • イメージ写真

    タマネギの大苗を植えたため、抽苔が多発した圃場。右端の畝の上に横たわっている株は、すべて抽苔しており、商品とならずに廃棄される。

  • イメージ写真

    ある大きさの苗が、一定期間低温にあうことで花芽を分化し、その後の気温上昇によって抽苔、開花する。

花芽分化

 花をつけるには、生長点(茎頂)で花芽ができなければなりません。今まで、生長点で葉のもとになるもの(葉原基)を作っていた部位が、花芽に変化するのです。花芽が分化したかどうか、肉眼で観察することはできません。

 花芽が分化する条件には、(1)温度条件(高温と低温)、(2)日長条件(長日と短日)、(3)温度や日長とは無関係に、植物体が一定の大きさになったら花芽を分化し、トウ立ち、開花するものに大別されます。

  • イメージ写真

    ホウレンソウは一定の大きさに達したら花芽を分化し、その後の長日で抽苔、開花する。写真のように、秋まきした場合でも、近くにある外灯の光に感応して抽苔、開花することがある。

  • イメージ写真

    ダイコンは低温で花芽が分化し、その後の気温上昇に従って抽苔、開花する。

  • イメージ写真

    レタスは緑色植物感応型で、一定の大きさに育ったものが高温に感応して花芽を分化し、その後の温暖長日条件で抽苔、開花する。

【第2図】野菜の花芽のできる条件・できた花芽が生育・開花する条件
(1)温度条件(トンネルの隠れた能力)
低温で抽苔するダイコン

 ダイコンは低温の影響を受けて花芽が分化し、その後の温度上昇によって抽苔が起こるとされています。低温に感応するのは、水分を吸収して発芽態勢をとったタネで、この段階で0〜5℃の低温に一定期間あうと、そのタネが発芽、生長する時は低温にあわなくても花芽が分化します。この性質を種子低温感応性と呼びます。

 ただし、ダイコンは前記の段階で低温にあわなくても、生育が進んでいく途中で低温に遭遇すれば花芽を分化し、抽苔、開花する性質を持っています。これを緑色植物低温感応性と呼びます。つまり、ダイコンはいつ低温にあっても、それを感じて花芽を分化する植物だということです。

●低温効果の打ち消し作用

 ダイコンが低温の影響を受けて花芽分化することは、すでに述べました。早春まきでは、この低温域が連夜繰り返しダイコンに作用することになるのですが、トンネルをかけると低温域が上るだけでなく、日中の高温域も上昇し、時には高温障害が出そうな状態になる場合もあります。この、ある一定以上の高温が、夜の低温に関連してくるのです。

 (夜)1で低温効果を受けて翌日に(昼)1の温度があまり上昇しなかった場合は、(夜)1の低温はそのままダイコンの花芽分化に作用します。ところが、(夜)2の低温が(夜)1と同程度であっても、翌日の(昼)2の温度が高くなって25℃を超えたとすると、25℃を超えた分の高温は、前夜の(夜)2の低温効果を打ち消す働きをします。この時、(夜)2の低温効果を全部打ち消すのではなく、(昼)2の高温の働きを差し引いた分が、低温効果としてダイコンに残ると考えられます。

 同様に、(夜)3の低温に比べると(昼)3の高温条件は25℃以上の部分が多く、それが前夜(夜)3の低温効果を消去しても余剰が出るため、(夜)3の低温効果はなかったことになります。つまり、花芽分化に作用する低温の働きは、翌日(昼)の高温いかんで変化することになります。

 早春まきのダイコンでは、トンネルとマルチを併用することにより、トンネル内の夜温の低下が抑えられるうえ、翌日昼間のトンネル内温度が30℃を超えることも珍しくありません。25℃以上の温度は前夜の低温効果を打ち消すので、花芽分化は起こらず、さらにトンネル内の気温および地温の上昇と、マルチングによる土壌水分の安定も加わって、「不時抽苔」の発生を抑え、ダイコンの生長を促すことになります。もちろん、作付けするダイコンは、低温感応性の鈍い品種にすることも忘れてはなりません。

(2)日長条件

 ホウレンソウは代表的な長日植物の野菜とされ、抽苔は日長の影響を受けます。品種でも、東洋系は西洋系より日長に敏感に反応して抽苔するとされますが、花芽分化と抽苔を分けて観察すると意外な面がうかがえます。それは、花芽分化に関しては、東洋系品種も西洋系品種も同じ反応を示すということです。

 つまり、日長や温度に関係なく、ある程度生長したら花芽の分化が起こります。実験によって多少異なりますが、その時期は本葉が4〜5枚展開したころと見てよいでしょう。分化した花芽が生長して抽苔するのに、東洋系品種では短い日長に敏感に反応して既に分化した花芽の生長がおこり抽苔します。西洋系品種の場合は東洋系品種より長い日長と高めの温度にならないと感応して抽苔してこないわけです。

(3)温度・日長に無関係な場合

 トマトのように、ある程度植物体が大きくなったら花芽が分化し、出蕾、開花が茎葉の生長と並行して進むものがあります。この時、植物体の栄養条件によって、花芽分化に早晩が生ずることがあります。特に、チッソ飢餓は花芽分化を促すことが分かっているので、花芽が分化した後は、正常な肥培管理に戻す時期や施肥量などについて、いろいろと考慮することが必要です。