調べる

野菜

野菜なんでも百科

戻る

栄養

カブ

カブはダイコンとは、まったく別のもので、肉質はやわらかく、甘味と特有の香りを誇ります。原産地は北欧といわれ、栽培も2〜3千年前に始まったと言われています。しかし、現在の品種はそれほど古いものではなく、せいぜい2〜3百年前から栽培されているものです。一般 のカブは球形をしていて白く、小カブ、中カブ、大カブに分けられます。 小カブは直径3センチくらいで、もっとも若いうちにとることもあり、葉もやわらかくて美味しい。キュウリ、ナスにつづく漬物の主役で、葉とともにヌカ漬けや即席漬けにします。葉にはビタミン類が多く含まれています。肉質が緻密で煮くずれしにくいので、煮ものや蒸しものに最適します。


 

文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より