調べる

野菜

野菜なんでも百科

戻る

栄養

キュウリ

キュウリは、もともとキウリ(黄瓜)で熟すると果実が黄色になるところから来ています。胡瓜と書くのは、前漢の張騫が西域に使して持ち帰ったため「胡の瓜」と称した来歴をもっています。漬けもの、サラダ、なます、キュウリもみ、刺身のあしらいなど、食べ方もシンプルです。キュウリは、みずみずしさが身上。キュウリのみずみずしさを作っている水分には、利尿作用を促進させるカリウムが多く含まれています。特有の香りは、おもにキュウリアルコールという名(通称)の分子によるものです。


 

 

文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より