調べる

野菜

品種カタログ

戻る

ブロッコリー
チャレンジャー
チャレンジャー

秋まき早春どりで威力発揮!
良質花蕾の晩生種!

特長

●栽培容易な晩生種
秋まき早春どりの作型に適する晩生種。暖地の冬どり栽培と中間地の春どり栽培の端境期にあたる3月中旬〜4月上旬収穫をねらえる。
●密植栽培でも大玉が多収
生育が旺盛なため厳寒期の栽培が容易。草姿立性で、密植栽培でも生育・熟期ともよくそろい、良品が多収できる。
●花蕾は盛り上がりのよい濃緑大玉
花蕾は濃緑でまとまりのよいハイドーム型で、蕾粒が小さく形状の崩れが遅いため、ボリューム感にすぐれた大玉が収穫できる。

栽培の要点

●1月〜3月上旬どりは避ける
秋まき栽培では、とかく早どりをねらって早まきになりがちだが、本種は1月〜3月上旬収穫ではアントシアンの着色があるので、9月中旬以前の播種期は避ける。
●追肥主体の肥培管理を行う
栽培期間が長いので、追肥主体の肥培管理を行う。元肥約3分の1、残りを年内、年明け、出蕾前の3〜4回に分けて追肥し、肥効の持続を図る。
●冬季の根張りをよくする
気候的に暖地での栽培が有利だが、中間地では9月下旬までに播種し、定植後の活着と年内の株張りを促し、3月の気温上昇とともに順調な生育をスタートさせ、出蕾までに株を大きくすることがポイント。
●最終の追肥は出蕾前に早めに施す
出蕾後から収穫までの期間は、平均気温が上昇に向かい、生育が急激に進みやすくなる。このため追肥の遅れによるチッソの遅効きは、花蕾の不整形等の発生原因となるため、最終の追肥は出蕾前に速効性肥料を施し、後半のチッソ過多と遅効きを避ける。
※育ち遅れの弱い苗は定植しないこと。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。