調べる

野菜

品種カタログ

戻る

キュウリ
つや太郎
ツヤタロウ

極濃緑果で高秀品率!整枝労力が軽減できる省力種!

特長

●べと病・うどんこ病に強く、低温期の果形が安定、ハウス雨よけ栽培にも使用できる夏秋キュウリ。
●果色は極濃緑でテリがあり、秀品率が高く平均果長21〜22cmによくまとまる。
●側枝や孫枝はゆっくりと発生し、整枝労力が軽減できる。
●主枝雌花率は3〜5月播種で50〜60%、各節1果成りが主体。

栽培の要点

●本葉3枚程度の若苗を定植し、スムーズな活着に努め、初期生育を安定させる。
●下位7節までの側枝と雌花は早めに除去する。
●ハウス雨よけ栽培では、収穫開始前後より積極的に摘葉を行う。
●追肥と潅水は収穫開始ごろから始め、以降、遅れないよう定期的に行う。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。