調べる

野菜

品種カタログ

戻る

キュウリ
Vロード
ブイロード

ウイルス耐病性!
抜群のつるもちで高秀品率・多収!

特長

●ウイルス病(特にZYMV)に耐病性を持つので急性萎凋症に強く、葉や果実へのモザイク症発現が軽減できるため、つるもちが特によい。
●べと病・うどんこ病に対しても耐病性があり、薬剤散布労力が軽減できるため、長期間安定した栽培が行える。
●果長は21〜22cm、果色は濃緑で、秀品率が高い。
●草勢は強め。生育後半までスタミナがあり、盛夏期でもじっくりと側枝が発生する。
●主枝雌花率は4〜5月まきで50〜60%。各節1果成りが主体。側枝以降の雌花着生が安定し、多収となる。

栽培の要点

育苗・定植
●ブルームレス台木に接ぎ木する場合は、強勢台木が最適。
●定植後のスムースな活着と初期生育を安定させるために若苗定植を心掛け、やや強めの草勢管理とする。
本圃の管理
●整枝 下位7節までの側枝と雌花は早めに除去し、以降の側枝は1〜2節で摘芯する。活着不良などで初期生育が悪い場合は着果節位を10節程度まで上げ、草勢回復を図る。また、ウイルス病の耐病性があるため、生育中盤以降の草勢が強めに感じられるので、過繁茂にならないよう整枝・摘葉を行う。草勢が低下した場合には、積極的に不良果の摘果を行い、回復を促す。
●追肥・潅水 追肥は収穫開始ごろから始め、以降遅れないよう定期的に施す。水分不足は草勢低下や不良果の発生を助長するので、収穫開始以降十分な潅水を行う。なお、草勢低下の場合は、液肥や葉面散布剤などで回復に努める。
●病害虫防除 予防を中心とした防除体系を組み、初期防除を徹底する。
※この品種には、若干のオフタイプが発生することがあります。切れ込みの深いギザ葉の苗は定植しないでください。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。