調べる

野菜

品種カタログ

戻る

カブ
時無小蕪
トキナシコカブ

秋の遅まきや冬まきの被覆栽培で本領を発揮!

特長

●良質の極早生小カブで、耐寒性が強く抽苔が遅いため、特に秋〜冬どり栽培や、春どりのトンネル栽培に好適する。
●根部は直径4〜5cmの扁円形で、そろいよく、根割れも少ない。
●肌はツヤがあり、肉質がやわらかくて甘みに富み、漬物に適する。

栽培の要点

●初期の乾燥は生育を遅らせるばかりでなく、根割れの原因ともなるので、適湿を保つ。
●施肥は元肥主体とし、極端な遅効きは避ける。
●無理な早まきは避け、適期に播種するとともに、夏まきでは特に病害虫の防除に努める。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。