調べる

野菜

品種カタログ

戻る

カブ
日野菜蕪
ヒノナカブ

茎と抽根部が紫紅色で地下部が白い漬物用種!

特長

●滋賀県の特産で全国的にも広く栽培され、日野菜の桜漬として親しまれる早生の色カブ。
●草姿は立性。茎は紫紅色で葉は無毛。
●根径2〜3cm、根長25cm程度の長型円筒形で、1/3ほど抽根した部分は紫紅色、地下の2/3ほどは白色となり、色合いが美しい。
●肉質は緻密で幾分辛みと酸味があり、塩漬、粕漬、コウジ漬、酢漬など漬物用として美味。

栽培の要点

●収穫が遅れると大型になりすぎ、姿も悪く、肉質もかたくなるので、播種後40〜50日、根身の直径が2〜3cmぐらいで収穫する。
●春の早まきは抽苔、夏の早まきでは病害虫が問題となるので、適期播種に努める。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。