調べる

野菜

品種カタログ

戻る

台木用ナス
耐病VF
タイビョウブイエフ

低温に強く初期収量が上がる、栽培容易なF1台木!

特長

●ナスの半枯病(F)と半身萎凋病(V)に耐病性をもつ、ハウス栽培向けの台木専用種。
●草勢旺盛で、栽培全期間を通じて秀品率が高く多収。
●接ぎ木までの生育が早く、「赤ナス」よりも節間が長いので、接ぎ木が容易。

栽培の要点

●幼苗期から非常に強い生育をするので、台木は穂木より、割り接ぎの場合は3〜7日早まき、幼苗接ぎの場合は穂木と同時まきか、2〜3日早まきが目安。
●割り接ぎでは、本葉5〜6枚、幼苗接ぎでは本葉2〜3枚で接ぎ木を行う。
●接ぎ木直後は高温・多湿状態の管理で活着を促進させるが、30℃以上の高温は避ける。活着後は徐々に慣らして、接ぎ木後7〜10日で平常管理に戻す。
●定植適期苗は、1番花の開花直前が最適。
●青枯病の多発地帯では使用しない。