調べる

野菜

品種カタログ

戻る

つるなしインゲン
本金時
ホンキントキ

煮豆や甘納豆でおなじみの大粒の金時豆!

特長

●子実は深紅色の大粒で、煮豆や甘納豆用の金時豆として有名な多収種。
●莢は長さ11cm、幅1.5cm程度の平莢。
●ごく若莢はサヤインゲンとしてもおいしい。
●草姿はつるなしの矮性種。

栽培の要点

●排水良好で日当たりのよい圃場を選ぶ。
●酸性土壌の場合は苦土石灰などを使用し、pH6.0〜6.5に調整する。
●開花期から追肥を行うことで一層の増収が可能。
●着莢時期までは乾燥を避ける。
●中間・暖地は若莢の初夏どり→子実の夏どりと、若莢の初秋どり→子実の秋どりの2期作。冷涼地は若莢の初夏どり→子実の晩夏〜初秋どりの1期作。
●株間は広めにとり、施肥量はチッソ成分で10a当たり5〜6kgを目安とする。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。