調べる

野菜

品種カタログ

戻る

タマネギ
シャルム
シャルム

冬どり専用の甘いフレッシュオニオン!

特長

●セット栽培専用の冬どり種
草勢は旺盛で、耐寒性にすぐれる。低温・短日条件下でも安定して肥大し、分球の発生が少ない。

●厚玉でそろい上々
玉は厚みのある中甲高球で、1球平均250g、肥大のばらつきやクズが少なく、よくそろう。

●端境期にフレッシュな味わい
冬の端境期に、良質で甘みのあるタマネギを収穫できる。また、葉もやわらかく甘みがあるため、葉付きタマネギとしても利用可能。

栽培の要点

●セット球のサイズをそろえる
3月中旬播種が目安。トンネルで地温を確保し、発芽をそろえる。葉を4枚ほど確保し、2.5〜3cmの充実した丸いセット球を育成し5月中下旬に掘り上げる。

●日陰で風通しのよい場所で貯蔵
セット球は1〜2日地干しした後、20〜30球ずつ束ね、風通しのよい冷暗所で吊り貯蔵する。葉を落とし、コンテナに厚くならないよう広げて貯蔵してもよい。

●適期定植で初期生育を促す
8月末ごろ、適湿条件の圃場に定植する。白マルチは地温が上がりすぎず、速やかに萌芽を促す効果がある。乾燥防止に努め初期生育を促し、10月中旬までに葉数分化を促すことがポイント。

●肥大した玉から順次収穫
11月下旬ごろ、倒伏した株から2〜3回に分けて収穫する。葉を落とし、凍らないように貯蔵すれば1カ月ほど貯蔵できる。萌芽遅れで肥大が遅れた株も、葉タマネギとして利用できる。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。