調べる

野菜

品種カタログ

戻る

台木用トマト
Bバリア
Bバリア

青枯病対策に強耐病性を発揮!

耐病性:Tm-2aBCmmF1F2J3V1N

特長

●青枯病(B)に強い耐病性をもつので汚染圃場での栽培が可能で、かいよう病(Cmm)、トマトモザイクウイルス(Tm-2a型)、萎凋病レース1(F1)およびレース2(F2)、根腐萎凋病(J3)、半身萎凋病(V)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性。
●草勢は初期おとなしく、栽培後半までスタミナがあり、栽培性が安定する。
●半促成、夏秋、抑制栽培に使用可能。

栽培の要点

●穂木は、Tm-2a型もしくはTm-2型のToMV耐病性品種を使用する。
●茎はやや細めなので、台木は穂木より、幼苗接ぎの場合で高温期は2日、低温期は2〜3日早まきとする方が接ぎ木しやすい。
●元肥のチッソ成分量は、自根栽培と同等が目安。