調べる

野菜

品種カタログ

戻る

台木用トマト
ボランチ
ボランチ

青枯病強耐病性でコルキールートにも複合耐病性!

耐病性:Tm-2aBF1F2J3KV1N

特長

●青枯病(B)に強耐病性でコルキールート(褐色根腐病:K)にも耐病性のF1台木。
●青枯病とコルキールートのほか、トマトモザイクウイルス(Tm-2a型)、萎凋病レース1(F1)およびレース2(F2)、根腐萎凋病(J3)、半身萎凋病レース1(V1)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性。
●生育初期に過繁茂になりにくく、後半までスタミナが持続し、栽培が安定する。
●発芽がよくそろい、幼苗接ぎ木が容易。

栽培の要点

●穂木は、Tm-2a型もしくはTm-2型のToMV耐病性品種を使用する。
●台木は穂木より、幼苗接ぎの場合で高温期は2日、低温期は2〜3日早まきする方が接ぎ木しやすい。
●元肥のチッソ成分量は、自根栽培と同等が目安。