調べる

野菜

品種カタログ

戻る

ツケナ
モロヘイヤ
モロヘイヤ

独特のぬめり、アラビア語で「王様の野菜」!

特長

●草姿が立性で倒状しにくい多側枝型の改良種。
●摘芯後、曲がりのないよくそろった側枝が多数発生する。
●原産地エジプトのシナノキ科の一年生草本で、葉を刻む時に出る独特のぬめりとクセのない味が楽しめる。
●ビタミンA、B2、カルシウム、鉄分などがほかの野菜に比べて多い。

栽培の要点

●高温と適度な湿り気を好むが、土質を選ばず栽培は容易。
●低温や霜に弱いので、中間地では4月下旬〜7月上旬が播種適期。
●種子が小さいので、播種量を多めにして適宜間引くか、育苗して本葉5〜6枚時に株間35〜40cm程度に定植する。
●草丈が50cm前後になれば、地際部から25cmほどで摘芯する。
●収穫は7月から霜が降りる11月上旬まで。孫枝を収穫するためには1〜2芽残して摘みとる。
収穫利用
●若い茎葉を摘みとって、スープ、天ぷら、かき揚げ、酢のもの、サラダ、ドレッシング、山かけ、おひたしなどに。
●乾燥葉はお茶にしたり、粉末にして、ふりかけやパン、クッキーの生地にまぜたりする。
※取り扱い注意:モロヘイヤの種子(実)には、有害物質が含まれています。人畜が種子(実)を食べないように注意してください。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。