調べる

野菜

品種カタログ

戻る

ニガウリ
さつま大長れいし
サツマオオナガレイシ

果長が約35cmのニガウリで着果がよく多収!

特長

●鹿児島県の在来種で、果長が35cm程度になる長形ニガウリ。
●両端が紡すい状に細くとがる円筒形タイプ。
●生育旺盛で着果がよく、多収。
●果皮は鮮緑色、果肉はかためで歯ごたえがよい。

栽培の要点

●本葉3〜4枚の健苗定植を心掛け、根張りのよい株を作る。
●寒さに弱いので、最低気温17℃以上を目安に播種期を決める。
●収穫最盛期には水分を多く必要とするため、潅水は定期的に行う。
●追肥は収穫開始期より、草勢に応じて行う。
●ミツバチによる自然交配が期待できない場合は、確実に着果させるため、朝のうちに手交配を行う。
●果長35cm程度になれば、遅れないよう収穫する。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。