調べる

野菜

品種カタログ

戻る

レタス
マリーナ
マリーナ

春・晩秋どり作型に適したサリナスタイプの早生種!

特長

●春・晩秋の作型移行期に適する
サリナス系×カルマー系の交雑後代で外観はサリナス系に近似する。春・晩秋どり用のサリナス系の中では草勢がおとなしく、春から初夏どりの作型や秋から初冬どりの作型が移行する時期の栽培に適する。
●病害に強く栽培容易
サリナス系の品種の中では外葉枚数が多く、梅雨や秋雨などの長雨で発生しやすい斑点細菌病や菌核病などの病害にも強いので、栽培が安定する。
●玉は包皮のよい扁円球
玉は包皮性にすぐれた扁円球。過剰生育しにくく、スパイラル球(タケノコ球)やタコ足球の発生が少ない。

栽培の要点

●適作型を守る
本種は品種選定に悩む春・晩秋どりの作型移行期の栽培に適した品種。より高温期や低温期の栽培にはそれぞれの作型に適した品種を使用する。
●肥培管理
本種の播種作型で、これまで春・晩秋どり品種群を使用していた場合、従来品種との比較では草勢と玉肥大がややおとなしく、若干の多肥栽培が適する。また、初夏・秋どり品種群を使用していた場合、これらとの比較では生育旺盛なので若干の減肥栽培が適する。
●適期作業を行う
特性を最大限に発揮させるためには、播種から収穫まで適期に作業を行うことがポイント。特に整地時や定植時には適期作業を心掛け、初期からスムーズに生育させる。
●病害の早期防除
良質球の生産には適正な外葉枚数の確保が重要。風雨で外葉が傷むことが予想される場合は、生育初期から予防的に防除を行う。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。