調べる

野菜

品種カタログ

戻る

レタス
[登録名:TLE459]
オアシス
オアシス

根腐病レース1、2耐病性!肥大と形状のよいサリナスタイプの早生種!

特長

●肥大と形状のよい根腐病複合耐病種
株張りが比較的旺盛で玉肥大がよい。過剰な生育をしにくく、秀品率がすぐれる早生種。根腐病レース1と2に複合耐病性をもち、発生産地でも安心して栽培ができる。冷涼地の初夏どりや中間・暖地の初秋・晩春どりの栽培に適する。
●秀品率が高い濃緑の扁円球
玉は包皮性にすぐれた濃緑の扁円球。 生育初期が比較的低温の作型でも、スパイラル球や分球の発生が少ない上、球尻は葉柄の幅が広く、タコ足球の発生も少ない。
また葉は肉厚なので、長雨後の急激な日照が原因で発生する株のしおれや、玉表面の焼け症状も発生が少ない。
●軟腐病や斑点細菌病に強い
梅雨や秋雨など多湿条件で発病が多くなる、軟腐病や斑点細菌病にも比較的強いので、安定出荷が望める。

栽培の要点

●肥培管理
同じ作型の品種の中では、比較的草勢が旺盛。これまで多肥栽培向きの品種を使用していた場合は、2割程度減肥を行う。速効性肥料を元肥主体に施すが、整地前には完熟堆肥も投入し、生育期間全般を通じて肥効が穏やかに進むよう圃場作りを心掛ける。
●播種期を守る
比較的抽苔が早いので、播種適期を厳守する。特に秋どり作型の早まき栽培は、抽苔の危険性が高く注意が必要。
●病害の早期防除
良球の生産には適正な外葉の確保が重要。外葉形成期〜結球初期までは、降雨前後に銅剤を中心とした予防散布で病害侵入を未然に防ぐ。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。