調べる

野菜

品種カタログ

戻る

キュウリ
Vシャイン
ブイシャイン

スッキリ草姿で側枝発生が良好! 果長が安定し秀品率がアップ!

特長

●スッキリ草姿で収穫容易
草姿は小葉・立性で風通しがよく、過繁茂になりにくい。側枝の節間も短めで間延びしないため、管理や収穫作業が容易。
●枝発生がよく収量が上がる
主枝雌花率は、4〜5月まきで40〜50%。果実の肥大が早く枝数が多いため、初期から収量が上がる。トンネルから露地栽培に向く夏秋用品種。
●栽培後半まで秀品率が安定
栽培後半まで果長が安定し、秀品率が高い。果実は極濃緑で、果長21〜22cm。歯切れがよく、食味がよい。
●耐病性にすぐれる
うどんこ病、べと病に耐病性で、ウイルス病(特にZYMV)にも強く、減農薬栽培が可能。
※この品種には、若干のオフタイプが発生することがあります。切れ込みの深いギザ葉の苗は、定植しないようにしてください。

栽培の要点

●若苗定植と早めの主枝摘芯で草勢を強めに
スムーズな活着と初期生育を安定させるため、本葉3枚前後の若苗を定植する。また主枝は、本葉25枚までで摘芯し、生長点が手で摘める程度の大きさで行う。
●着果節位は8節目以上
下位7節までの側枝と雌花を早めに除去して、株作りを優先する。初期生育が悪い場合は、着果節位を10節まで上げ、12〜15節の側枝を力枝として利用する。
●追肥と潅水の遅れは禁物
追肥は収穫開始直前から始め、以後定期的に行う。チューブ潅水も同時期より開始し、盛夏期にはマルチ内と通路が常時適湿に保たれるよう、小まめな潅水を心掛ける。
●強勢のブルームレス台木が適する
初期より草勢を強めに管理することが上作のポイント。台木は、「スターク」あるいは「エイブル」のような強勢でつるもちにもすぐれるブルームレス台木が適する。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。