調べる

品種カタログ

戻る

リモニューム Limonium

シヌアタ種 L.sinuatum

暖地の促成栽培で採花本数多く実力を発揮。土質によって草勢の違いで品種の使い分けを。

品番 品種 花色
WSU635 NEW
ラムセス バイオレットインプ
(TW-894)
・暖地作型に向く紫色の極早生品種。
・草勢が強くなり定植後の活着が早く、株張り良く栽培しやすい。
・ラムセスバイオレットと同様に年内採花本数が多く、低温開花性があり春まで連続的に収穫できる。
・シャープな切花草姿でヒダが目立たず茎も非常に硬い。
WSU626 ネフェル バイオレット
PVP (登録名:TW617)
・暖地向け紫色の早生品種。
・切花の草姿はラムセスバイオレットに似るが、さらにボリューム感がある。
・草勢が強めで定植後の生育がスムーズに進み栽培しやすい。
・開花初めはラムセスバイオレットより遅れるが、初期から丈がとれ収量性は非常に高い。
・肥沃な土壌では翼(ヒダ)が張り株が暴れることがあるので肥培管理は控えめにする。
WSU623 ラムセス バイオレット
PVP (登録名:スタラムバイオ)
・暖地の超促成栽培に向く紫色の極早生品種。
年内の採花本数が多く、春まで連続的に収穫できる。
・翼(ヒダ)が目立たず、シャープな切花姿で、茎も非常に硬く結束作業もしやすい。
・主枝は株元より素直に抽苔し、葉も茂りすぎず、草姿はコンパクトにまとまる。
作型
  • ラムセス バイオレットインプ
    (TW-894)
  • ネフェル バイオレット
  • ラムセス バイオレット