調べる

野菜

野菜なんでも百科

戻る

栄養

ホウレンソウ

ホウレンソウは、栄養素たっぷりの野菜の代表格。
ホウレンソウには、ビタミンA 、B1、B2、C 、D 、E 、そして止血効果のあるK,ビタミンB12と協力して血液を作る働きをもつ葉酸を含み、他にもリジン、シスチン、カルシウム、鉄分、ヨード、銅、マンガンなども含んでいます。人間が生きていく上での基礎となるビタミン、栄養素を持つ食物なのです。毎日食べて多くのビタミンを摂るようにしたいものです。食べる量 としては、連日大量に食べることを避け、一日に100グラム前後が適量といえます。

「ホウレンソウのおひたし」のつくり方
1.ゆですぎのホウレンソウは、おいしくないばかりでなく、せっかくのビタミンB1やCも、どんどん溶け出してしまいます。ビタミンCは、ゆで時間が1分なら26%、2分なら39%、3分なら52%も失われます。
2.青々としたホウレンソウのおひたしに、削った鰹節をのせるだけ。
3.栄養分を逃がさないためにも、水洗いやゆでたりするのは、とにかく手早くやりましょう。


文部科学省『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より