調べる

タキイの緑化・芝草

戻る


品種カタログ


   
▲播種後4週目(16〜22℃) ▲播種後7週目(16〜22℃)
センチピードグラス
ティフ・ブレア®
(登録名:TC312)

雑草抑制芝草!



草高は10〜25cm程度。
ほふく茎の伸びが早く、密な芝生を形成する。
耐寒性が強く、−23.5℃まで耐えた例がある(従来のものは−10℃程度でも越冬が困難)。
春の萌芽はゆっくりだが、晩秋まで緑度を保つ。
アレロパシー作用があり、雑草の発生や侵入を抑制する。
土壌の適応性が広く、pH4.2〜8.5で生育可能。耐塩性もかなり強く、臨海部の緑化にも適する。
永続性に優れる。

アレロパシー
他感作用といわれ、植物や微生物が放出する化学物質によって、他の植物が何らかの作用を受ける現象をいう。



冷涼地  : 5月〜6月中旬
中間・暖地: 3月下旬〜8月中旬



芝生用 10〜20g/m²
緑化用 5〜20g/m²



ゴルフコースのラフやヘビーラフおよび進入路の法面。
スポーツ競技場(使用頻度の低い)や公園、家庭用芝生。
河川敷や堤防、果樹園、道路の法面。畦畔の保全および雑草抑え。



※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。