調べる

品種カタログ

戻る

バミューダグラス
リオ

耐寒性に優れ春の萌芽が早い!
リビエラの後継品種!

特性
  • 保水性に優れるコート種子。発芽・初期生育が早い。
  • 葉色はバミューダグラス(栄養繁殖を除く)の中でも、濃緑である。
  • 葉のキメが細かく分げつも旺盛なため、高密度で良質なターフを形成する。
  • すり切れ・踏圧に強く、損傷後の回復が早い。
  • ダラースポット、リーフスポット(葉枯病)の耐病性がとくに優れる。
  • 春の萌芽はバミューダグラスの中でも、トップクラスに早い。
  • 従来の種子系バミューダグラスの中でも、耐寒性に優れる。
栽培ポイント
播種適期
冷涼地
5〜7月(東北南部以北では越冬できない可能性あり)
中間・暖地
4〜7月、8月下旬〜10月中旬
播種量(コート種子)
芝生用
10〜20g/m²
緑化用
8〜15g/m²
他草種との混播
30〜60%(重量比)
用途
  • ゴルフコースのティーやフェアウェイ、ラフ。
  • スポーツ競技場や校庭、公園、家庭用芝生。
  • 河川敷や堤防、道路の法面および飛砂防止。
バミューダグラス(種子系) リオの品種特性

(NTEP・2014〜2017年)

  被覆率(%) 葉色 春の萌芽 ダラー
スポット
抵抗性
リーフ
スポット
抵抗性
リオ 83.6 94.4 94.3 6.8 5.6 7.4 7.5
リビエラ 81.3 93.5 94.4 6.6 5.6 6.7 7.3
MONACO 76.0 93.1 94.0 6.6 5.4 6.5 5.3
ティフトン419 77.9 88.8 91.0 7.1 4.5 6.6 7.0
CELEBRATION 75.0 88.3 92.2 7.1 4.4 5.8 4.8
PRINCESS77 63.1 85.7 88.4 6.6 4.1 6.9 6.3
  • 被覆率:100 = 高い 葉色:9 = 濃い 春の萌芽:9 = 早い
    ダラースポット抵抗性:9 = 強い リーフスポット抵抗性:9 = 強い