調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

ネグサレタイジ
キスジノミハムシや
キタネグサレセンチュウの密度抑制!

    特性
  • えん麦の野生種。
  • ダイコンなどの前作として栽培することにより、キスジノミハムシの密度を抑制する。
  • 連作障害などにより発生する,根菜類のキタネグサレセンチュウの密度を抑制する。
  • 茎葉が細く,分けつも多い。初期生育が旺盛。
  • 穂バラミ期以降は倒伏しやすいので,この頃をメドにすき込む。
    用途
  • キスジノミハムシの多い畑やキタネグサレセンチュウに汚染された畑に利用。
    栽培ポイント
  • 播種期
    中間地・暖地:3〜11月(7〜8月中旬は避ける)。
    冷涼地:5〜8月上旬。
  • 播種量
    10〜15kg/10a。条まきかバラまきし、1cm程度の覆土をして鎮圧する。しっかりと鎮圧することが大切。
  • 施肥基準
    施肥基準10a当たりチッソ5kg、リンサン5kg、カリ3kg。苦土石灰100〜150kgを施すと効果的。
  • すき込み
    後作の定植または播種の約1カ月前にすき込む。塩類濃度(EC)が1.5以上を示す跡地土壌へのすき込みは、塩類障害を助長する危険性がある。このような畑では茎葉を外へ運び出し、養分の不足している畑にすき込む(以下,全ての作物に共通)。
  • すき込み方法
    チョッパーやハンマーモア・フレールモアなどで細断し、プラウやロータリーですき込む。作物が小さい場合や、柔らかい場合は、ロータリーでそのまますき込むこともできる。
※注:前作の残存肥料を消費して塩類濃度(EC)を低下させる必要がある場合は,原則として肥料は施さない(以下,全ての作物に共通)。
ページトップへ↑