調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

まむむぎマルチ
麦とベッチで農地を持続!

 
    特性
  • 長期間土壌の流出を抑え、除草などの手間が最小限で済む。
  • ベッチの窒素固定と深根性による土壌改良のダブル効果。
  • 初期はらい麦で土壌流出を防止。
  • 後半はベッチが隙間を覆い、アレロパシー効果で雑草を抑制する。
    用途
  • 休耕地の管理に。
  • ゲリラ豪雨や砂塵対策。
  • 休耕田での利用、ゲリラ豪雨や砂塵対策に適する。
    栽培ポイント
  • 播種期
    中間地・暖地:5〜6月。
    冷涼地:5月中旬〜6月。
  • 播種量
    7〜8kg/10a。
  • 注意点
    低温に当たると出穂することがあるため、秋〜早春までの播種は避ける。
ページトップへ↑